FC2ブログ

天高く、天井が・・・

コオロギの声も聞こえなくなり、秋の深まりを感じる今日この頃です。
レム部屋の気温も徐々に下がり始め、レムも夜、ドームベッドで寝るようになりました。
暑い間はケージの上で伸びて寝てます。

ドームベッドで寝る
【ドームベッドで寝るレム 2015年12月】
暗くしてからしか入らないので、最近の写真がありませんで・・・(^^;A

夏中、出しっ放してましたんで、一度洗濯しようと中のクッションを取り出してみると、中の綿がすっかり寄ってしまって、真ん中ペチャンコ、全然暖かそうじゃない・・・(+_+)
更に中を良く見ると・・・

ドームベッドの天井
【ドームベッドの天井裏 糸がピロピロ】

写真では解りにくいですが、縫い目がほつれかけていて、縁かがりの糸も切れてて、あちこちから糸が出てました。

・・・(-_-)・・・

そう言えば、このベッド・・・

ひしゃげてるベッドとローブを来たレム
【天井がひしゃげている 2017年5月】

ひしゃげてるベッドとスリスリレム
【こっそり天井がひしゃげている 2018年1月】

遊びで上に飛び乗ったのだとばかり思っていたのですが、
どうも違ったらしい・・・(+_+;)
このベッド、レム部屋に置くために買った時から気に入って入ってたんですけどね~。

新品のドームベッドで
【広げた途端に入ってた 2015年12月】

糸が出てると、つい咥えて引っ張ってみたりするでしょうしね、切れてお口に入ると飲み込んじゃったりしますしね・・・。
マズイよね~・・・
で、冬用ベッド、思い切って、買い替える事にしました。

実は、ちょっと気になってるベッドがありまして・・・

たまの玉手箱さんの記事に出てた、このベッド。




絶対レム気に入る!特にこの天井の隙間、絶対喜ぶ!と思ってたんです。
この記事の頃は冬物ベッドを買う予定はなかったのですが、こうなると・・・v(^^)

問題は、モデルさんのキララちゃん、ぷぷちゃんとレムのの体格差。
で、大きさをチェックしましたら、45×45×24と意外と広い。
これなら、底面は今のドームベッドと同じです。
入り口が小さいかも・・と、良く入っている箱の入り口をはかってみたら、17㎝でした!
高さも、OK!
イケるじゃな~い!
と、買う気満々で、5か0のつく日を待っていたんですが・・・
思い出しちゃったんです。
今のこのドームベッド、かつては天辺にポンポンが着いていたことを・・・

作ったばかりのレム部屋
【ベッドにポンポンが着いていた頃のレム部屋 2016年1月】

レムが咬みちゃぐっちゃうので、取ったんです、てっぺんのポンポン・・・。
ってことは・・・、こたつの上のおみかん、無事では済みそうにありません。
取っちゃえば良いか・・・
でも、あの天板は?
はみ出し加減がい~い感じに、食いつけそう・・・
絶対喜ぶあの遊び穴も・・・独りの時に何するか・・・

何せレム、ベッドと玩具の区別がありませんのでね。
(「冬も楽しい夏用ベッド」他参照)
早々に、ボロボロにされること請け合い・・・

ワンシーズンで買い換えるほど、懐に余裕があるわけじゃなし、泣く泣く諦めました。(T^T)
レムには、インスタ映えするような可愛いベッドなんて、無理。
インスタやってないけど・・・
シンプル・イズ・ベストです。

結局、装飾品のなぁ~んにも付いてない、こんなの注文してみました。



形的にはちょっとは可愛いかな、と思ったワケなんですが、レムが気に入ってくれるかどうかは・・・到着してからのお楽しみ・・・


おまけ

前回ご紹介した手作り知育玩具、再度チャレンジさせてみましたら、今度はすっかり覚えていて、いそいそおやつを獲ってました。

カップに手を突っ込む
【躊躇なく、おやつに手を伸ばす

ちょっとつまらなそう
【直ぐに終わってしまって、不満げ】

おやつ漬けになっちゃいますんでね、ワカサギの干物3かけだけしか入れなかったものですから・・・。

そう、秋といえば、食欲の秋。
最近、体重増加が止まらないオニババ、悔し紛れにレムの体重も量ってみました。
ペット用体重計はないので、抱っこ測定です。
レム、5.8㎏。
400gも増えちゃってました。
前に計ったのは、たしか一月前くらい・・・
ご飯の量は全然変わってませんから、やっぱり、おやつの食べ過ぎ?
知育おやつはしばらく封印する事にしました・・・(;_;)
冬に向けて脂肪を蓄えているのかも知れないけど、ご飯、残すし・・・。

今回も最後までお付き合い頂き、有難うございます。
明日から、金曜まで、またも留守にいたしますので、ご訪問、コメントへのお返事が遅くなると思います。ご了承下さい。
それでも応援してやろうと仰ってくださる方、ぺちってやってくださいまし。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 マンション飼いへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いろんなベッドがありますね〜。
うちのクロにも
クリスマスには新しベッドを買ってあげよう!

お早うございます!
丸いベッド可愛いじゃないですか!気に入ってくれるといいですね。
ひな陛下は閉所恐怖症なので、洞窟タイプのベッドにはお入りになりませんし、縁の付いたタイプのベッドも殆どお使いにならず、可愛いベッドを選ぶ楽しみがないので、あれこれ悩まれるオニババ様が羨ましいです。

モズクカップフィーダーもすっかり覚えちゃったんですね。やっぱりレムちゃんお利口さんです。ここはひとつ、本格的なホジホジフィーダーを😁

体重は、冬に向かってお猫様は太るものですから気にしなくていいと思いますよ。とは言え、ひな陛下も6.4kgと400g増量されましたので、気になる気持ちも分かります。これからの冬本番に向かって、アンダーコートも増えるでしょうし、更に体重増えるかも。春になっても体重戻らないようであれば、対策を考えた方がいいかもしれませんね。いや、その前に自分の体重がね…😖

新しい冬用ベッド、届くのが楽しみですね!うちはドーム型ハウス(ミツバチハウスとクマちゃんハウスと呼んでます)、あんまり人気ないのです。意外とドームの天井が高いからあったかくないのか、買った時からたまにしか入りません。2匹いると2つ買わなきゃいけないから、新しいのがなかなか決まられません。
洞窟型ハウスやこたつ型ベッド良いですね♪自分が猫なら?入りたい‼︎レムちゃんは気にいるかな💓

No title

おはようございます。
レムちゃんベッドも玩具と認識しちゃうとは
さすが遊び好きさんだわ。

わー買われたベッドふわふわで可愛いじゃないですか。
どっちの色にしたのかな?入ってるところみたいな。

あの手作り知育玩具、しっかり覚えてやってくれてるのね。
手作り衣装もとっても可愛いよー。

レムちゃんは結構あったんですね。5.8キロ。
もっと小さいイメージでしたよ。

あらーおやつしばらく封印だって(笑)残念だね。

Re: No title

やらいちょう様
最近は、インスタ映え!流行で本当にいろんなのが出てますよね。
見ていて楽しいです。
当の猫さんが気に入ってくれるかどうかは、アレですけど・・・。

Re: タイトルなし

ひな陛下の侍従長様

ベッド選びは、見ている分には可愛いのが色々あって楽しいんですが、実際買うとなると、色々条件が付きますのでねぇ。
陛下は、侍従長様の肉布団という最高の寝具をお持ちだから、他のベッドなんて目じゃないんでしょう。
レムは独り寝ですから。
もずくカップフィーダー、ただのおやつ提供器になっちゃったみたいです。
体重増もきになりますが、おやつばっかり欲しがって、ご飯食べ残すんでしばらく封印です。
体に良くて美味しいおやつでもあれば良いんですが・・・。
実は、自分の体重増の八つ当たりをしてる?かも・・・(;_;)

Re: タイトルなし

とらみつママ様

トラちゃんみっくんも可愛いドーム型ベッドをお持ちでしたよね。
人気ないのは、他にもっと寝心地の良い場所があるからじゃないでしょうか。
レムの場合、冬場の唯一の寝床になりますので・・・。
2匹分って事で、2種類買うのも楽しいでしょうけど、出費も倍ですもんね。
こたつ型、欲しかったんですけどね~(;_;)
猫さんの買い物って、眺めてるだけならたのしいんですけど、いざ買うとなると・・・です。
新しいベッド事は、改めてご報告しますね。

Re: No title

chika様

そうなんです、レム、ベッドも時々キッカーにしちゃったり、夏用は主に玩具だったりで・・・。
独りで退屈しているからだと思います。

レム、男の子なので、ブルー系にしました。
可愛く納まってくれるといいんですけど・・・。

見た目、そんなに重そうに見えないと、私も思ってるんですが、胴回りの太さとかは標準以上みたいですし、結構重いです。
そろそろ三十路(?)に近くなってきますから、ここで太らせたくないなぁと。
人間と同じに考えちゃいけないのかもしれませんが、1歳頃の体重をキープするのが良いみたいに聞きますし・・・。

実は、自分の体重増の八つ当たりをしているという噂も・・・。
ただ、ご飯、ちゃんと食べてくれればいいんですけど、ご飯残して、おやつになっちゃうのがちょっと心配なんです。
プロフィール
今日も退屈

レムのオニババ

Author:レムのオニババ
スーパー内弁慶野郎のレム。
何でも怖がるくせに直ぐ退屈する、当ブログの主人公。
彼が編み出してきた退屈しのぎの技の数々をご紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR