猫用クーラーで暑さ対策?!

今回の豪雨で被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

幸いにして、オニババの生息域は時折の大雨に見舞われた程度でした。
7月7日といえば七夕だなぁ、等とお気楽なことを突然思いつきまして、レムで七夕にチャレンジしてみました。
エノコログサの葉を笹に見立てて・・・

草の葉サラサラ
【草の葉、サ~ラサラ~】

お星様をキラキラ身に纏わせたかったのですが、みごと失敗!
もっと綺麗に広がってくれる事を期待したんですが、なんか貧相・・・(;_;)。
ゴメンナサイm(. .;)m

さて、大雨のお陰でタマ~に涼しい日もありましたが、7月ともなりますと、レム部屋、高温、高湿度になる日が増えてまいります。

温度計
【レム部屋の温度計の最高最低表示】

短毛、鍵尻尾で和猫資質十分そうなレムではありますが、やはり29℃にもなりますとちょとバテ気味。

Nクールでデロ~ン
【日中のリビングでグテノビ~ ウチも買いました、ニトリのNクールベッド】

オニババの在宅時は、エアコンのあるリビングに居られるから良いんですが、留守中はエアコンのないレム部屋。
サーキュレーターでリビングからの冷気が多少流れるようにしてはあるんですが、やっぱり暑い。
今年も、「無電源猫用クーラー」が活躍する季節になりました。

散歩後クーラーに近付く
【お散歩後、クーラーに近づくレム】

コレ、2年ほど前にちょっと話題になったので、ご存じの方もおられるかと思いますが、クーラーボックスに保冷剤を入れただけの物なんです。
レムがレム部屋に移った最初の夏でした。
作り方を知って感動しまして、早速、暑さ対策に作りました。
一応、中をご紹介いたします。

クーラーボックスの蓋
【クーラーボックスの蓋に穴を開けてある】

クーラーボックス内
【クーラーボックス内、保冷剤を出した所】

吸水マットは必需品
保冷剤が効かなくなるまでには、結露した水で吸水マットもビショビショになって、クーラーボックスの下に水が溜まっています。
中の水を取らないで保冷剤だけ変えていると、溢れます。
試しに絞った水を計ってみたら、150ccくらいありました。
これだけ結露してれば、多少の除湿にもなるんじゃないかと・・・(^^;)

クーラーボックス内の保冷剤
【クーラーボックス内、皿立てに保冷剤を立てた所】

クーラーボックス正面
【クーラーボックスを正面から見た所】

要するに、保冷剤に冷やされた空気が正面の穴から吹き出してくるんです。
室温を下げるほどの効果はありませんが、室温27℃くらいでも5時間くらいは冷気を出してくれます。
難点は、この量の保冷剤、我が家の貧弱な冷凍室だと、完全に凍らせるのに、10時間近くかかるんです・・・(T^T)。
なので、24時間稼働は我が家では無理。
留守中、ずっと冷気を出し続けるのも、ちょっと無理。
それでも、一番暑い時間帯に涼める場所があれば何とか耐えてくれるだろうと、これまでの二夏をコレで乗り切ってきましたf(^_^;)。

外側の木枠は、自家製。
なにせ、レム、買ってきた早々からクーラーボックスを囓ってくれましたので、ガードを付けました。
歯形は全て、木枠に入れる前に付いた物です(^^;)
慌てて作ったものですから、木を切って貰うときにサイズ間違えてしまい、ちょっと妙な構造になってしまってます。

木枠の蓋
【蓋と胴の合わせ目が変で、蓋を開け閉めするのにコツが要る】

自分でやる分にはあきらめが付くんですが、シッターさんにお願いする時などは、少々・・・A(^^;

で、肝心のレムはといいますと・・・

遊びの後のクールダウン
【遊んだ後、冷気に当たっているのか、単に石版に乗っているのか・・・】

この石版も2年前に買ったんです、暑さ対策に。
「大理石ですね?」とシッターさんが言って下さったりもするんですが、実は、大理石より全然お安い白御影石のこちら。
まだ売ってた、しかも角が丸くしてある(゚o゚)



出品しているのが、そもそも墓石屋さん・・・。(後で気付いた)
2年前には、角も取って無くて、思いっきりシャープな直方体。
着いたときには、墓石の広告も入ってて、墓石切り落とし?とかと思ったシロモノです。
レム、アルミ嫌いでして、でも玄関の叩き(こちらは大理石)は好きでしたので・・・、でも大理石は高いんで、石ならいいかとコレにしたんです。
すっ~かり気に入ってくれてます。

出すと直ぐ乗る
【開梱してすぐ上に乗っかる 2016年4月】

持ち上げにくいし、重いしで、移動させるのが結構大変なんですが、居心地はとても良いようです。
レム部屋のクールコーナーとして、クーラーの前にセットしたんですが、こうなると今度は、冷気が目当てか石版が目当てかさっぱり解りません。
が、ある日のお散歩の後…


涼しいのが出てこない
【クーラーの穴をのぞき込んでみる】

冷気が出ているかどうか確かめている風にも見えます。
実はこの時、保冷剤入れ替えてませんで・・・f(^^;)

クーラー冷たくない?
【なんだか不審げに穴を見ている】

しきりに中を覗くので、慌てて入れ替えました。

クーラー前で身繕い
【なんか満足したらしい】

そして、昼間のまだ暑い時間にお散歩に行った後は、

散歩の後のクールダウン
【ホカホカの体を濡れタオルでクールダウン】

とまぁ、多分、多少は役に立っているに違いないと自分に言い聞かせつつ、日々、保冷剤の入れ替えにいそしむのでした・・・(~_~;)

でも最近ちょっと、考えるんですよ。
これ、カバーを足付にして、クーラーボックスの下に潜れるようにしたらどうだろうって。
冷気だまりみたいになって、より涼しくならないかと・・・。
いや、暑い時期、木工はやりたくないんですがね。

今回も最後までお付き合い下さり、有難うございます。
最後に、もう二手間、応援をお願いいたします。



いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。ひんやりベッドでオッサン寝してるレムちゃんか~わいいですね。まだまだオッサン度低くて羨ましいです。陛下はかなぁ~りオッサン度高いですからσ(^◇^;)
猫クーラー、レムちゃんのお世話に行ってセットした時は冷気とその風量に驚きました。スッゴく冷たい風が大量に吹き出してきて、これを扇風機の前に置いたら人間用にも良いかもって思いましてよ。
陛下も例に漏れずエアコンがあまりお好みではないのでウチも作ってみようかな。
下に冷気だまり作るのは結露して濡れそうだからやめたほうがいいと思いますが。
墓石の切り落とし(笑)も良いですよね。でもあれ重すぎるからもっと薄ーいタイルみたくなってるのがあったら、我が家も導入しようかな。

No title

おはようございまーす
葉っぱ、こうやってみたら笹の葉に見えるよー。
短冊を見つめて願ってるように♪可愛い!!!

家に湿度計ないんだけど、湿度を見ると凄い
わかりやすいね。むしむし暑いわ

わーNクール使ってますね♪気持ちよさそう。

そして凄いびっくりしました。無電源猫用クーラー。
クーラーボックスで。なるほどー。
それで5時間も出してくれるなら凄くいいですね。

その前に石。うちにも似たようなのあるけどヒンヤリ
良い感じですよねー。
レムちゃんもちゃんと涼しい場所わかってるじゃないですか。
素晴らしい。

おー!
これはアイデアですね。
自然の風に近いかも?
ナイスです(´∀`*)

わ〜!クーラーボックスに保冷剤で冷気が来るとは、良いですね!
普段はエアコンに頼ってますが、もし長時間留守の時に停電したら、電気に頼りすぎだとそんな時は怖いですからね。クーラーボックスの穴を開けるのは大変なのでしょうか?
石も冷たくて気持ち良さそう。レムちゃんご満悦の顔で可愛いですね💕

Re: タイトルなし

ひな陛下の侍従長様
この猫クーラーは、なかなか優れものだと思ってます。
話題になった2年前、猫とは関係なく、無電源のパーソナルクーラーにしている人の方が多かったと思います。
エアコンの冷房嫌いな猫さんって多いみたいですね。
ウチでは、レムよりオニババのが冷房嫌いですが・・・(^^;A
そう言われれば、冷気だまり作ると確かに結露しそうですね、諦めます。
墓石切り落としは、ほんっと!重いです、ってか、持ち上げるときに、とにかく引っかかりがないので苦労します。
レムは気に入っているし、ヒンヤリは長持ちしてそうだし、動かすことは少ないから良いんですけどね。
今年は例年になく、レム部屋の気温が上がっていてちょっと心配なんですよ~。



Re: No title

chika様

あ、笹の葉に見えますか?お願いしてるっぽく見えますか?
わ~い!有難うございまぁ~す。

Nクールは、買って良かったです、ホントお値段以上!でした。

レム部屋クールコーナー、レムはいつも短時間しかいないんですよ。
冷気が出ているときも・・・。
なので、本当に解ってるのかな?って不安になる事もあります。
今年の夏は、レム部屋、今までで一番高温高湿になってるので、ちょっと心配してます(;_;)

Re: タイトルなし

やらいちょう様

この冷風、結構気持ち良いですよ。
パーソナルな部分利用にもお勧めです。

Re: タイトルなし

とらみつママ様
クーラーボックス、発砲スチロールですから、カッターで切れますよ。
レムは、クーラーボックス、囓るはほじくるわで、木の外箱を付けないと使えませんでしたが、中のクーラーボックスだけなら、ホント、簡単に出来ちゃいますよ。
クーラーボックスも保冷剤も色々サイズがありますし、小さい物は百均でも売ってますから、試しに作ってみても良いかも・・・。
プロフィール
今日も退屈

レムのオニババ

Author:レムのオニババ
スーパー内弁慶野郎のレム。
何でも怖がるくせに直ぐ退屈する、当ブログの主人公。
彼が編み出してきた退屈しのぎの技の数々をご紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR