FC2ブログ

閑話休題、ミーハー全開

わ~い!外科侍とツーショット写真撮ってもらっちゃったぁ~(* ´ ▽ ` *)

済みません、今回は前回の続きになるはずだったのですが、ちょっと脇道にそれさせて頂きます。
土曜日に、「Dr.Jeffジャパンツアー2018」に行ってきてしまいました。

ソファの背でセクシーポーズ
【イレギュラーなお留守番にセクシーポーズで対抗しようとするレム】

マイアイドル、ジェフ先生となんとツーショット写真なんか撮って頂いて、握手なんかもして頂いてしまったものですから、年甲斐もなく、す~っかり舞い上がってしまいました。

外科侍と
【外科侍こと、ドクター・ジェフ・ヤング氏と】

誰それ?知らなぁ~いと言う方もいらっしゃると思いますので、少々紹介(宣伝)を・・・。

この方、アメリカはコロラド州デンバーで、動物クリニックをやってる獣医さんなんです。
アニマルプラネットで時々やってる番組、「デンバー動物クリニック」の院長さん。
この番組、いつもやっている訳ではなくて、1シーズンが終わるとしばらくお休みになります。現在はお休み中(;_;)

英語が苦にならい、あるいは言葉はともかく動画見てみたいと言う方はこちらをどうぞ。
※手術シーンが多いので苦手な方はご注意下さい。
https://www.animalplanet.com/tv-shows/dr-jeff-rocky-mountain-vet/

大ファンなんです。

彼のクリニック、決して豪華ではありません。
最新の医療機器とはむしろ無縁で、その代わり、技と工夫で頑張る!
設備にお金をかけないで、お手頃価格で可能な限りの治療をし、ペットたちが出来るだけ快適に暮らせるように手を尽くしてくれる動物病院なんです。
さらに、飼い主不明のわんこやにゃんこが怪我をしていたと運び込まれると、無料で治療した挙げ句、里親捜しまでやってくれちゃいます。
クリニックの掲示板には、里親募集中の子達の写真が貼られていて、 クリニック内にはシェルターみたいなコーナーもあります。

そんな彼のクリニック、治療費とは別に、寄付を募ったりして基金を設けてます。
チャリティーイベントもやります。
マラソン大会とか。
ジェフ先生、高校のクロスカントリー部のコーチもやってて、チャリティーマラソンでも走ります。膝壊して何度も手術してるんですが・・・
このマラソン大会、「ベーコンエッグレース」というのもあって、ベーコンと卵の衣装を着けたランナー(クリニックのスタッフがやる)のどちらが先着するかに賭けると言う自分で走らない人も楽しめるミニイベント付き。(^^)
それで基金が集まると、車に機材や薬を詰め込んでメキシコの寒村に乗り込み、2,3日で数百頭の犬猫の避妊去勢手術をしてきたりするんです。
それも、無料!で・・・。
元々所得が低い地域で、獣医さんもいない、ペットの避妊去勢手術をしたくても出来ない、避妊去勢する習慣もない、そして犬猫は増えて行く・・・。
そんな場所に行きます。
ペットたちはもちろん、地元の活動家さん(?)と一緒に、目についた野良犬や野良猫も捕獲して、できる限り手術します。
キョーレツ、早業!
もちろん、番組用に編集されてはいるんでしょうが、現場はさながら野戦病院!(悪い意味ではなく)
それはもう、バッサバッサと切って切って切りまくる!
そんな彼が、何故か腕に「外科侍」と漢字のタトゥーをいれているものだから、ついた呼び名が「外科侍」、アニプラの番宣でもそう呼んでます。(日本限定?(^^)
診療所に病気の子がつれてこられれば、無料で出来る治療もします。
頼まれれば、可能な限り、デンバーに連れて帰って里親を捜します。
それも全く悲壮感無く、「獣医は天職。好きな仕事が出来て幸せ!」と、嬉嬉としてやるんです。
そしてデンバーに戻ると、「今日は休日だから、(ロッキー山脈の)山の中の牧場に移動診療に行こう!」なんてことになります。
なんと言いますか、常軌を逸してるってくらい精力的!

あのジェフ先生が、この日本に、しかも東京にも、来るですってぇ~?!

最初はね、寄付募りにでも来るのかな?と、思ったんですよ。
だって、そりゃ~我が国にも、過剰繁殖も多頭飼育・過密飼育も殺処分もありますよ。
それは解ってますけどね、でも、これまで彼が行ってる地域に比べるとですね、
なんかこう、外からの助けが必要な度合いが違い過ぎる気がしましてですね。
そこにファン心理が働きますと、ジェフ先生は完全にアイドルなものですから、それこそ、
サイン会だろうが握手会だろうが、やってくれるなら行っちゃうよ~!!!
Planned Pethood Plus(ジェフ先生のクリニック)のサイン入りTシャツ売ってくれるなら買っちゃうよ~!

な訳ですよ。
ですが・・・

なんか・・・違う・・・
なんだかとってもまじめで難しそうな講演会だ。
主催者からして、もう、しっかり活動をしている団体の獣医さんとかだ。
アニプラ、かんでないのかぁ~。
ジェフ先生、そもそも獣医さんなんだし、物見遊山で休暇取って来るような人じゃなさそうだから当然か・・・。


どう考えても、ミーハーには、場違い!
保護活動とかなぁんもしとらん、単にジェフ先生ラヴなだけのババァが行く所ではなさそう(;_;)
でも・・・生ジェフに会える機会なんて滅多にないだろうなぁ・・・
とまぁ、始めは指を咥えて見ていたんです。
そうしたらですね、ファン頭では、東京で300席なんて一瞬で埋まると思っていたのに、意外に残席が減らなかったんですよ。
このツアーがあるのを知ったのは3月だったんですが、5月半ばになっても、残席がまだまだある・・・。

そんなバカな?!
あの、ジェフ・ヤング先生が来るんだよ?
外科侍が日本に、東京に来てくれて、見られるんだよ?講演聞けるんだよ?

1000%ファン頭 f(^^;

サイトの残席数、週一回くらいしか更新されなかったんですけど、サイト上では、広島、高知も満席にならないまま当日を迎えたようにみえました。当日は満席になったのかも知れませんが。
ファンとしては、そんな事、絶対、許せません!!!

折角来てくれるのに空席があるなんて、失礼じゃないか!
主催者さんにしたところで、スポンサーなしのイベントだそうですから、参加者少なきゃ、赤字まるかぶりだろうに。
お値段からしても、東京300席が埋まらないと結構きついんじゃ?
だったら・・・、ミーハーでも良いんじゃない・・・か・・・な?
だって、お金はちゃんと払うんだし、頭数にはなるよね・・・。

基本、生ジェフ見たくてたまらなかったものですから、思いっきり、うんとこどっこいしょ~と我田引水、場違い上等!で行っちゃいました。ババア図々しい・・・。
そしたら、開演前の会場に、ジェフが居たんです。
始めは係員さんが、どなかたお知り合いの方を彼に紹介していたんですが、それも終わり、ジェフが独りで立ってたんです、直ぐ側に・・・。
思い切って、写真撮らせてくれませんか?と言おうとしたんですが・・・。
スマホ持って、「エクスキューズミー」ったら、それだけで察してくれまして、流石、サービス精神旺盛!
にっこり笑って近くに居たの係員さんを呼んで、ツーショット写真!
更にその後、握手もしてもらっちゃいまして、魂抜けました、ハイ。
ホントは、生写真一枚取らせて貰えれば満足だったんですが・・・。
で思わず、三千円もする高級Tシャツまで買っちゃいました。(もちろんチャリティーグッズ)

予定5時間の講演会なんて、聞いてられるんだろうか・・・
と、不安だったんですが、全然飽きずに最後まで居てしまいました。
何せ、最初の40分がフィリピンのお話だった以外、ジェフ先生出ずっぱり。
スゴイ情熱で話し続けてくれるものですから、難しい英語はよく解らなくて、頼りの同時通訳の無線がブチブチ切れて、???となることもあったのですが、それもこれも、ジェフ先生ラヴ~で全てOK!
いやその・・・講演会だったんですけどね、気分はアイドルコンサート・・・ごめんなさいm(..)m
で、ラスト、主催者さんから、フィリピンの方とジェフ先生に花束贈呈がありました。フツー
が、締めを引き継いだMCさん、「One Bet 200Yen 、じゃんけんゲーム!」と言い出しました。
一人二百円でジェフ先生とじゃんけんをして、勝ち進んだら、花束を貰えると言うゲームなようです。
ジェフ先生、直ぐに応じて、花束の匂いを嗅ぐ仕草をし、それから会場に差し出すかのような仕草。
これに乗らなきゃ、ミーハーが廃る!(意味不明)
と言うわけで、当然参加。
壇上のジェフ先生とみんなでじゃんけんして、負けた人が去るという形式。
まさか、勝ち残るとは思わなかったんですが、気がつけば・・・残っちまいました~。

フィリピンの獣医さんの分と併せて二つの花束の一つを、頂いてしまいました。
良いんだろうか・・・?てか、困った・・・。
だって、こんな花束、レムの餌食じゃ~
でもでも、折角ジェフ先生がくれた花束(ファン頭で、脳内変換かかってます)。
大事に持って帰りました。
が!家に帰って改めて見ると、これ、かなりアブナイ!

危険な花束
【素敵なんだけど、危険物だらけの花束】

見るからにイネ科な葉や実はあるは、思いっきり毒のあじさいはあるは・・・。
どうしよう?
多分、あじさいを食べようとはしないと思うんですが、元が無毒でも、こう言う園芸品種って、はじめっから口に入れることは心配してませんから、薬かけ放題な可能性が高いんですよ・・・。
ま、見せてから考えよう・・・、折角ジェフ先生がくれたんだから・・・(救いようがない)

実を食べようとするレム
【案の定、イネ科らしき実にくらいつくレム】

あ~、やっぱり・・・。
仕方なく、折角のキレイな実、全て取り除きました、葉ももちろん(;_;)

細い茎とレム
【ごく細い枝に小さな実がついたのも食べたそうだが、細すぎて食べられない】

これまで取り除いたら、花束の雰囲気かなり変わりそうだしと、様子を見ていたのですが、早々に諦めてくれました。
幸い、他の花や葉には余り興味を示さずいてくれましたので、しばらくテーブルに飾ります。


花束とレム
【他の花とは共存可能、あじさいには無関心】

下のピンクのバケツ、美観的にはない方がいいに決まってますが、レムが倒すのが怖いので・・・。
少々妙な光景ですが、花束がダメになるまで、ニマニマ眺めたいと思います。

長々とお付き合い頂き、有難うございます。
訳のわからん理由で留守番をさせられたレムを応援してやって下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゃーっっ!! Dr.ジェフとの2ショット、うらやましいですねー。
テレビで見るより背が高い。番組では周りもみんなアメリカ人で長身だからでしょうか?
一緒に写真撮れるなら私も行けばよかった。しかも花束ゲットなんて、すっかり元は取れましたね(せこい発想でスミマセン)
じゃんけんゲームで勝ったのは、イネ科の草が入っていると察知したレムちゃんの超能力かも。
獣医さんの講演会で5時間もあるのは辛いかなーと思ってパスしてしまいましたが失敗でした。後悔先に立たず・・・。
こうなるとやっぱりジャクソン・ギャラクシーに来日して欲しいですね。握手会でもサイン会でも絶対行っちゃうのになー。

No title

おはようございます。へ~そんなイベントがあったんですね。
私はテレビ見れないで知らなかったです
でもお金をかけず、お手ごろな価格で治療と動物たちに優しい
動物病院って素敵だわ。

外猫さんの手術も力を入れられてる方なんですね。
「外科侍」って凄い(笑)

わーしゃべりかけて握手まで貰えて良かったですね。

公演時間も結構長いのでびっくりしたんですが
とても良かったみたいですね。

なんと花束もゲットしたんですね。すごーーーい。

レムちゃん花は大丈夫なんですね。
ちゃんとイネ科らしき実に食いつくなんてさすがだわ。

知りませんでした!
そんなに凄い先生ですか!
調べてみますφ(.. )

ツーショットに花束💐ゲットおめでとうございます!アニマルプラネット、たまに観ますがそんな凄い先生がいらっしゃるとは知りませんでした。
以前飼っていたウサギさんの治療で病院へ通っていた数ヶ月、諭吉さんがどんどん飛んでいきました。良くなって欲しい気持ちから出来るだけのことを…という切望がありますからね。病院によってやり方が様々なので、ウサギさんがお月様に行ってからも動物病院について色々考えました。
話が逸れてすみません。大好きな方と会えて良かったですね❣️

Re: No title

ひな陛下の侍従長様
ツーショット写真、いいでしょ、いいでしょ~?
Dr.ジェフ、思ってたより背が高くて、長距離走体形でした。
奥様のペトラさんも、TVで見ると小さくて華奢な方なんだけど、生で見ると、身長は私より少し低いくらいかもしれませんが、方とか、腰とかは・・・でした(^^)
ジャクソン・ギャラクシー、来たらすごいでしょうね~。
Dr.ジェフは獣医さんが声をかけたそうですが、ジャクソンだと、アニプラの企画ででもないと難しそうですね。
私も是非、会ってみたいです。

Re: No title

chika様
いつもコメントありがとうございます。
今回のイベント、TVではコマーシャルやってなくて、多分知名度が今一だったのかなぁと思います。
日本にも立派な獣医さんは大勢いらっしゃるんでしょうけど、
Dr.ジェフは、番組とキャラクターで私的にはすっかりアイドルなんです(^^)
あちらの人はサービス精神が違いますしね。
年甲斐もなくはしゃいでしまって、お恥ずかしい次第です。
でも、ほんとに嬉しかったんです。

Re: タイトルなし

とらみつママ様
いつもコメントありがとうございます。
獣医さん選びって難しいですよね。
お値段とか腕とか、かかってみないとわからないといいますか、かかってみても素人では判断つきにくいですよね。
日本にだって立派な獣医さんは沢山いらっしゃるのでしょうが、かかりつけになってもらえるのかっていうと、近くでないと難しですし。
私も、レムを最初に診せた先生が、ちょっと???だったんで・・・。
だからってデンバーまで診せに行けるわけありませんし。
機会があったら、デンバー動物クリニック、是非見てみてくださいな。



Re: タイトルなし

やらいちょう様
思いっきりファンバイアスかかってますから、そこはよろしく。
プロフィール
今日も退屈

レムのオニババ

Author:レムのオニババ
スーパー内弁慶野郎のレム。
何でも怖がるくせに直ぐ退屈する、当ブログの主人公。
彼が編み出してきた退屈しのぎの技の数々をご紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR