タワーリングインフェルノ

風薫るとか風光るとかというよりも、暑い~とか、なんだか薄ら寒いんですけど~とか言い続けてたような今年の五月も数日を残すのみとなりましたね。
例年なら過ごしやすくて、何をするにも良い季節。
そう言えば去年の五月、我が家ではちょっとした模様替えがありました。
レムが来てからやたら模様替えが増えたのですが、今のところこれが最後です。
こちら

無くなったキャットタワー
【同じような場所で同じように遊ぶレム 左、2016年7月 右、2018年4月】

無くなっている物がお解りでしょうか?
ちょうど良い写真って案外ないものです・・・(^^;
これまでの写真で既にお気づきかもしれませんが、昨年4月に一本足の突っ張り式キャットタワーが消えたんです。

我が家にレムが来て数ヶ月、レムのお部屋はケージだったわけですが、何せおチビでしたので、ケージの2階にさえ、一跳びでは行けませんでした。
とはいえ、猫は高い所が好き!なはずですし、折角のそれなりの広さも高さもあるケージの上、利用したいじゃないですか。
いらん所にばかりもぐり込んでくれてましたので、居場所が増えれば少しはマシにならないかと・・・f(^^;)
そこで、ケージの上にも行けるような何か足場になるものを・・・と、お安くて省スペースで高い所に登れるタワーを買いました。
突っ張り式のキャットタワーです。
製品情報を探してみましたが、もう無いようです。似た後継品?みたいのはありましたが。


在りし日のキャットタワーに登ったレム
【完成直後、タワーの天辺まで登ったレム 2015年8月】

これの途中からなら、ケージの屋根にも飛び移れるはずです。
ケージの上にも段ボールをはりました。

ケージの上でくつろぐレム
【ケージの屋根でくつろぐレム 2015年9月】

これで少しは、ここで大人しくしていてくれるのでは・・・と期待したのですが、全く無駄でした・・・orz
にもかかわらず、タワー自体は気に入ってくれまして、よく登って遊んでました。

一本足タワーで遊ぶレム
【ネズミのおもちゃを狙うレム 2015年12月】

ただこのタワー、どう見てもちっちゃい子用なんですよ。ステップも小さいですしね。
元々、レムがまだちっちゃいから買うことにしたので、成長してからの事は余り考えず安さが決めてだったんです。
確か3千円くらい(^^)

でもね~、猫ってヤツは一度登れる物だと思うと、自分が大きくなったことなど全く考慮しないみたいですね。
ちっちゃい頃は、よじよじ、よじよじとゆっくり登っていたのですが、直ぐに全速力で駆け上がるようになりました。
ケージをレム部屋に移した後、本当は撤去したかったのですが、急に無くすのもどうかと思い、レム部屋との行き来になれるまではと残しておきました。
すると早々に、部屋からでたら、全速力で走ってきて一気に駆け上がって、駆け下りるのが日課になってしまいました。
そうなると撤去しにくくて・・・。
その内、レムが駆け上がると、タワーがグイングインしなるようになりました (゚д゚)

しなるタワー
【レムの重みでしなるタワー 2016年10月】

見てて怖いんですが、本猫は気にしません。
これだけしなるのですから、それなり揺れるのですが、気にせず駆け上がります。

なんでこんなにしなるんだろう・・・
ネジ、緩んできてるのかなぁ・・・
垂線が最短のはずだよなぁ・・・


疑問に思いつつも、あちこち回してみたり、突っ張り部分を調整してみたりしていたのですが、余り改善せず・・・

遂に、倒れました~(゚△゚;ノ)ノ。

倒れたタワー
【突っ張り部分が抜けて倒れたタワー 2017年4月26日】

泣き叫ぶレム
【タワーから落下して、オニババのせいだと言わんばかりに泣き叫ぶレム】

上に登ったときに倒れましたので、最初はまるで、オニババが何かしたかのように文句言ってましたが、以前ご紹介した魚タワーの最後でもそうでしたが、自分で壊したと解るようで、壊したと思うと落ち込むようです。

何とかしたいレム
なんともならないレム
【倒れたタワーの匂いを嗅いで、頭で押してみるが、どうにもならない】

何かを訴えるレム
【残った土台に横たわって何かを訴えるレム】

で、当のタワーがどうなっていたかといいますと・・・

外れた天井部
【天井の突っ張り部分が外れてしまっている】

割れたジョイント
【土台に繋がっていた支柱のジョイントが割れてしまっている】

ともかく、全て分解してみました。
すると、途中の支柱も、二本ばかりはジョイント部分にひびが入って、割れかけていました。
しなっていたのはこのせいのようです。
簡単には直せそうにありません。

遂にこの日が来たか・・・( 'Д`)=3
あれだけしなっていたわけですから、いつかはこの日が来るとは思っていました。

どうしようかなぁ
この場所にタワーがあるのって邪魔だしなぁ・・・
やっぱり・・・


ずっと考えていたことを、やっと実行に移す決心をしました。
レム部屋を作った頃から考えてはいたのですが、何せ不精者・・・f(^_^;)。
考え初めて既に1年余り、遂にスチールラックの上をレムコーナーにする事にしました。
スチールラックの横にステップをつけて、ちょっとキャットタワー風にしたらどうだろうとずっと考えていたんです。
その為に木工に励むことになるのですが、そのお話は、又次回に。

最後までお付き合い下さり、有難うございます。
お帰りの前に、是非、ぺちぺちっとお願いいたします。




いつも有難うございます。応援、励みになります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
泣き叫ぶレムちゃんきゃ~わいいですね。さぞかしうるさかったと推察しますが(^_^;
タワーとか通路とか、こちらが乗れない所は物凄く所有権を主張しますよね。ひな陛下もタワーのほどけた麻紐を修繕してたりすると、かなり本気でパンチを連打されます。普段は臣に対して爪をお出しになることはないのですが、この時ばかりは爪が半分くらい出ます。壊されるとか無くなってしまうと不安になるのでしょうか?
でも自分で壊したと理解してしゅんとしちゃうレムちゃんは愛らしいです。ホント、お利口さんだわ。
あのタワーは見るからに細くて華奢でしたから、よく保った方だとおもいます。猫の物って人が考えるより寿命が短いですよね。

凄いしなってるタワーの写真を見て、絶対倒れる‼︎と思いましたよ〜レムちゃんの訴えるような顔、「壊れたよ〜〜倒れたよ〜〜」と大騒ぎだったのですね。可哀想だけどなんか可愛いですね❤️お気に入りが壊れたらショックですもんね。
突っ張り式のタワーってなんか怖くて、高い所まで行けるので猫さん的には楽しそうなんですが、うちは2匹だし大型猫なので諦めました。そこら中買い換えたくなくてシニア用というケチぶりです😅今のところ全然大丈夫ですが、どれだけ持つかなぁ。タワーが無くてもそこら中キャットウォークみたいに走ってますが。
レムちゃん、新しい手作りステップはお気に入りになるのかな?次回の記事が楽しみです😸

No title

おはようございます。
ひゃーーーーーーータワーが曲がってますね。
うちも昔同じようなことになり倒れました。
ネジ部分もいくら止めてもきつくならずに・・・
寝てる最中に倒れてもうちょっとで頭か顔に当たるところだったんですよ。

ありゃりゃ、かわいいー
倒れた後泣き叫んじゃうなんて。
倒れたタワーの横で寂しそうなレムちゃん人間みたいだわ。

わースチールラック横にステップつけて。良さそうですね。
わ~どんな風に出来上がるのか楽しみですよ!!!

突っ張り式はいいですね。
倒れる心配が少ないし。
でもさすがに古くなると・・・(。-`ω-´)

Re: タイトルなし

ひな陛下の侍従長様
あの一本足タワー、確かに華奢でした。
しなりを何とかしようとしょっちゅう触っていたせいか、触ることに関してはレムは割と平気だったんですがね。
壊れると、とりあえず文句言うんですが、直して貰えないとなるとなんだか落ち込んで・・・。
プレッシャーを感じます(^^;
キャットタワーは特に、子猫用みたいなのが多い気がします。
タワーはしばらく買わずに済ませたいと思ってます。

Re: No title

chika様
ええ~!顔か頭に当たりそうに?
当たらなくて良かったですね。
倒れることを考えると、設置場所も考えないと行けないかも知れませんね。
スチールラックは、しばしば写真に登場してますから、完成形は新鮮みが無いと思いますが、手作りの苦労など、笑って頂ければと思ってます。

Re: タイトルなし

やらいちょう様
突っ張り式でも、足が一本だけなのはやはり不安定ですね。
どんなのが一番丈夫なんでしょう?

Re: タイトルなし

とらみつママ様
いつもコメント有難うございます。お返事が遅くて済みません。
ウチの場合は、何もかもが泥縄といいますか、ちゃんと計画してって事をしてないものですから、その場しのぎの安物買いが多くて。
みっくんはともかく、とらちゃんは大きいから、タワーも気を使うでしょうね。
二匹同時に乗る事も考えなきゃだし。
レム部屋のタワーも、乗っかる台がかなりちっちゃくて、居心地悪そうなんだけど、当分我慢してもらう予定です(^^;A
プロフィール
今日も退屈

レムのオニババ

Author:レムのオニババ
スーパー内弁慶野郎のレム。
何でも怖がるくせに直ぐ退屈する、当ブログの主人公。
彼が編み出してきた退屈しのぎの技の数々をご紹介したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR